彼女らしさ

「わたしは、一匹狼って言うか…一人っ子ですから。前任の人とは違うんです」

Tさんとは先週の月曜夜、インターを下りてから偶然ニアミスして、それからほんとうに色んなことがばたばたとあった後、どうしようもないくらいに『決裂』した
月曜夜遅くから火曜の午前、Tさんの上司を巻き込んで大ごとになってから、火曜夜Tさんから決心したような電話があり、もう完全に敵味方になったようなカタチになって、今もそう

元関係会社の彼女とは、今日までも変わらず殆ど毎日電話で話してる
なんと言うか、話しはもう大詰めだ
『撮ったよ!』という相変わらずの短い言葉に付いて来た添付のファイルは、撮ったばかりの彼女の『お見合い写真』だった
あんなに撮られるのも、くれるのも嫌がってた彼女がくれた写真には、もちろん文句なしに可愛い彼女が写っていた

いま一緒に外勤先をまわってるTさんとこんなにも決裂して 元関係会社の彼女といま、カレカノか兄妹ですか?と言う程連絡を取り合って

おかしいのは分っている。やってる事ほぼ全部が。一体自分は何してるんだろう

e0100012_23173424.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2014-07-21 23:16 | Comments(1)

ピエロを買った日

楽しみにしています、とTさんは何度もメールに書いてたけど、今度会えなかったらもうあとはなかった。木曜は朝から雨で、もしかしたらだめかな、と微かに思いながら10:30に待ち合わせた。

10:20、Web会議を途中で抜けて、高速を飛ばして駐車場に入りながら電話をかけたぼくの耳に聞こえてきた『もしもし〜…わたしも今駐車場につきました〜…』 久しぶりに聞いたのんびりして少し元気のない彼女の声

先週流れた約束は、どうにか果たされた! 半袖でにこにこして彼女が言う『飲み物とポップコーン買ってきちゃいました〜…』にこっちが何だか恥ずかしくなったような

お揃いのピエロのぬいぐるみマスコットを買ったりして
その後、パスタメインの店でお昼を食べて、結局外勤先にはお昼は二人とも行かず

『もうクルマにピエロつけちゃいました』そう言ったTさん

彼女の会社行きたくない病を言い訳にしてした約束だったけど本当は自分のために、たまにはこんな事があってもいいとした約束なんだ

自分で分っている

e0100012_0503327.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2014-06-14 01:00 | Comments(0)

届くように

会社行きたくない病です、とTさんが言ってたのはいつだったか

また晩ごはん行きたいです、と言ってくれた後、お互い泊出張の待ち合せがすれ違って、Tさんが疲れて倒れるみたいに寝てしまって、夜中まで10回くらいぼくが電話をかけ続けたのはいつだったか

結局会えずに翌朝うったぼくのメールに、「昨日はお母さんからも何回も電話がかかってて、さっきお母さんの電話で起きました…」とTさんが返事の電話をくれたのはいつだったか

おととい日曜夜8時、ぼくはTさんに『今週木曜日、イベントに誘ってますが憶えてますか?』とメールをうったけど
その返事が深夜2:30過ぎに返ってきた

『お疲れさまです。憶えてます!お誘いありがとうございます。本当に申し訳ないのですが…来週の木曜はどうですか…』
『いいですよ。なんて早起きさん』
回らないアタマでうった返事に返事がきて、彼女の会社は間もなく担当替えで、そのしわ寄せで彼女の帰宅が『いま』だったことを知ったのは、昨日の夜というか、今日の朝だった

基本の表情が笑った顔だと言われます!と言ってたTさんが、外勤先の社長から熱烈なアプローチを受けているのを知ってるのは、一体何人いるんだろう?

いつだって、爆弾発言しますよ。 ぼくは何をどうしたら、彼女の助けになるんだろうか
にこにこえくぼを見せて笑ってたけど、かなり辛いところにいるんじゃないか

いや、これはもうただ単に、部外者のする余計なことになるだけかも知れない

e0100012_23191285.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2014-06-03 23:20 | Comments(0)

近くて遠い人

『今回もノー練習なんだけどね』 朝7:00、事業所の後輩のHくんがマンション下に車で迎えに来てくれたけど、ぼくは恥ずかしげもなく、開き直った
つまりは半年まえのコンペ以来練習ゼロ、一度もクラブを振ってないということだ

今日は2つの事業所合同の親睦ゴルフコンペだった

早くも肘が痛いけど… これはつまりは腰で打ってない、『手打ち』になってた証拠だろう

順位といえば、前回は『セカンド優勝(参加者順位を真ん中でぴったり分け、下位組のトップつまり順位がちょうど真ん中)』になって一万円も貰ったのに、今日は賞品なし(ブービーメーカーとブービーではなかった)の、思いきりビリに近い!順位だった…

でも幹事のIさんさすが女の子、賞品なしの参加者には気を利かせた「参加賞」を買ってきてた
表彰式のテーブルで軽い食事をつまんでる間中、新しい事業所の責任者は隣であれこれ言ってたけど、殆ど何も聞いてなかった… そんなことよりも

それよりも

昨日Tさんから来たメールと、午後に45分近く電話で話したことが気になって
今、何してるんだろう 富山のおじいさん家にはもう着いただろうか そんな事が気になって、いろんな事が手につかない、うわの空になっていたからだ

e0100012_22155210.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2014-05-17 22:35 | Comments(0)

夢の意味はわかるか?

今朝から遡って、昨日の夜のことを書いておこうと思う

今朝、関係先の『朝礼』に派遣された。たぶん一年ぶりくらい。AM9:45頃には一段落ついて、近くのモーニングをやっている喫茶店に1人で入った

AM10:30過ぎ頃だったろうか、Tさんがふらりと入ってきてぼくの向いに座った
「来るとは思わなかったですよ?」『来ちゃいました…』「朝は食べたんですか?」『食べてないです』
Tさんはぼくの向いに座って、さっきぼくが食べたのと同じモーニングを注文して、PCを開いてすぐ閉じた。『電池が切れちゃいました…』

昨日の夜、外勤先で随分久しぶりに会ったあと何となく二人で営業して、PM7時半過ぎた位に向いのファミレスで晩ごはんを食べることになった。二人とも、泊出張だったから

で、どうだったんですか?、と訊いたぼくに彼女が重い口を開いて言ったのが、以下の出来事

4/14(月)F社長に上司同行で面会。本社レクチャーの打ち合わせ?或いは別件だったかも知れないが。

4/16(水)F社長に急に呼ばれて、外勤先へ駆けつけた。F社長から、ギター(Morris)をプレゼントされた。置き台とか教本DVDなど一式付き

4/17(木)Tさんは終日会議。夜、都内の本社へ移動し、F社長のレクチャーを本社スタッフと一緒に受ける。その後F社長、本社ひとり、Tさんの3人で会食。会食終了後、Drをホテルまでお送りする役目になり、一緒にタクシーへ → ホテルの地下にカラオケルームがあるから、ちょっとだけつき合って?と言われ、カラオケに。2、3曲しか歌わず、25:30くらいまで二人で話し、やっと解放される → タクシー代を貰い、Tさんは自分のホテルへ

4/18(金)午後にはこっちで仕事があったので新幹線で戻ってきて、夜までこっちで仕事。

4/19(土)再び都内へ。F社長と18:00六本木待ち合せで、会食デート。15分前に着くともう社長はいた。デューク更家が沢山の女を侍らせていた。21:00頃に食事が終わると、社長より「部屋にギターがある。教えてあげるから部屋に来て」と言われ、断り文句が浮かばなくて、部屋へ。(何時に帰ったか忘れたが、)その後自分のホテルへ戻って、『着きました』とお礼のメールを社長にうつと、すぐ返信あり

4/20(日)昨晩「明日朝ポスター貼るの手伝って」と言われたから、朝9:00にイベント会場へ。F社長と待ち合せ。A4で20枚くらい貼るだけだった。発表終了後?昼を二人で食べるため、また六本木へ。食べてまた会場へ戻ってきた、と言ってた気もするから、ここで発表だったか?
とにかく会場へ戻ってきたあと、「帰りぼくのクルマで一緒に帰ろう」とこっちまで送られそうになったので、もっと会場を見て行きたい、せっかく都内へ来たから買い物して帰りたい、となんとか断った。剥がしたポスターを「荷物になるだろうから、明日会社に取りにきて」と貰えず、明日また行く約束

4/21(月)午後、F社長の会社へ。昨日のA4で20枚を手渡される
 •
 •
 •
4/17(木)外勤先でぼくと会い、晩ご飯。PM10:00過ぎまで以上を「報告」というか、「告白」される

そして今朝だった
Tさんは、昨日は”体調が悪いんです”と頼んだサラダもドリアもちょっとだけしか口をつけずに、あとはフォークで突っつくだけだったけど、それから比べたら、ちょっとは顔色も良くなってた。トーストもゆで卵もどうにか食べてたし

F社長と、もう随分おかしな関係になってると思いませんか?…そう尋ねると彼女は言った
『わかってます。同期にだって言えないです』
結局Tさんは、今の話を来週絶対、上司にするとぼくと約束した
『ちょうど面接が火曜日にありますから』
「月曜日に、ぼく電話しますから」

やっぱり、こうなった。『最近、同じ夢ばかり見るんです』 もと関係会社の今はもういない彼女とのことを思い出す。
外勤先の社長が違う、あと出来事自体はほとんど同じ過去のこと。そんなことするために、同志社出たんじゃないだろう? 22歳でどんな夢を持って社会に出てきたんだよ?

どうして新人の女の子って、あんなに辛そうな顔するくせにいつも耐えてるんだよ

e0100012_240046.jpg
e0100012_2402887.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2014-04-18 02:45 | Comments(0)

結末は始まったばかり

土曜日の昨日、Tさんと待ち合わせた。12:30に市役所最上階の展望室、ちょっと変ですけど?とうったメールにTさんは、わかりました!と明るい返信を送ってきた

『歩くのはちょっと遠いかな、て思ったから自転車借りてきたんですよ…』えへへ、と笑いながら言う彼女は、私服を来たら本当にまだ大学生だろというくらい若かった(23になったばかりだから当たり前のことだけど)

関係会社の彼女がいなくなってから、向かうこともなくなった「パンケーキが有名みたい」な例の喫茶店に2時半くらいにお昼ご飯もしあれだったら?と雪崩こんで、4時半前くらいまで話した
「外勤先、全部はできないなぁと思ってます」
「今度エリアで前任の××さん(=つまり関係会社の彼女のこと)とすごい仲良かったという人から、どうして××さんがあんなにエリアでモテてたのか?強かったのか?俺は知ってるから教えてあげるって、言われてて。2月に入ったら飲みに行くんです」
「4年間一人暮らしだったし自炊とかできますよ。カレシはいます」

関係会社の彼女にTさんのことでメールをしたら
ケンカになった メールでしただけだけど、イライラと彼女が文字を打ち込んでる雰囲気が伝わってきた。文面はいつも通りとても短く。短すぎるだろと言えるくらい

夜中にかかってくる電話の話しは、大半が『毎日もの凄い忙しい』『でも成長できるから楽しい』

そうきみがいうのはぼくもすごく嬉しい 前の会社で、どれだけきみが泣いて怒って、実力が違いすぎる先輩たちからねたみ嫌がらせを受けたのか知ってるから

でも、それをTさんにも味あわせることはないだろう? きみの後任席は、羨望と一緒に最悪の環境がもれなく附いてくるんだから

そんなこと言ったら彼女はもっと怒るだろうから、言えないけど

e0100012_02477.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2014-02-03 00:00 | Comments(0)

タイムリープ

成人の日のあけた先週火曜日、Tさんが行方不明になった日から5日間、まるで時間が戻ったようだった。

前みたいに、関係会社だった彼女と毎晩夜中に電話で話して、水曜に無事だったTさんと外勤先に同行したら、夜からそこに新たな『火種(ひだね)』が燃え上がりを投げ込んでしまったから、そこに、Tさんまで巻き込んだ

火曜夜から、昨日の夜まで5日間。新たな火種は本当に偶然から生まれたし、直接の原因は関係会社だった彼女を妬んだ元同僚の誰かにある
でもそれを火災にしたのはこのぼくだ。彼女は泣いて怒って、諦めた。
Tさんは、自分がいきなり巻き込まれたこの修羅場を、どれだけ理解できただろう?そして、関係会社の上司がまた問題かも

『巻き込んでしまい、本当に申し訳なかったです。全国トップの彼女がこんな環境で仕事してたなんて、夢にも思ってなかったと思いますけれど… 大丈夫ですか?また、落ち着いたらこの件、お話したいと思っています』
そんな身勝手な伝言をぼくは金曜夜にTさんの留守電に吹き込んだ
これまで遅くなっても返ってきていたメールも、これには返ってこなかった

来週火曜、2度目の合同会議でTさんと会う。どうしよう。三月(みつき)前に時間が戻ったみたいだったけど もう、関係会社に彼女はいない

e0100012_18212992.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2014-01-19 18:00 | Comments(0)

上書き保存

『あ、寝てた?じゃいいや』「…あ、ああ、でも今起きたよ」『じゃあね』 電話は切れた
8日の深夜、関係会社だった彼女から電話がかかってきた

翌9日はぼくは泊出張だったから、夜彼女にメールをした。何度か行き来があってから、10日になったばかりの時簡に彼女からまた電話がかかってきた

年末まで、あれだけ自分がいたエリアがどうなったのか気にしてたというのに
年が明けてから全く気にならないというか、どうでも良くなった』そんなことを彼女は言った。
「電話、くれたのはどうしたの?」
『あけましておめでとうって言おうと思ったから』 冷たいのか優しいのか

翌朝、後任の新人Tさんと大きな喫茶店で待ち合せて、外勤先の攻略について1時間くらい話し合った
『××さん(彼女のこと)、わたしの同期の中でも有名人だったから。その後にわたしが持って、同期のみんなも売上げは下がるだろうと思って、ずっと成績見てるって言ってました』

Tさんはニコニコ顔でそう言ったけど、不安とプレッシャーは相当だったはず。売上げは維持されてるし、まだ増え続けている先すらある。これはもういなくなった彼女の名残りなのだろうけど

『Tさんのこと、手伝わないで』 彼女はそう言っていたけれど
もう、どうでもいいなら、手伝ってもいいよな

【写真は岡村真美子さん。本文とは関係ありません】

e0100012_13415062.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2014-01-11 12:00 | Comments(0)

関係会社の彼女の後任は、2年前の彼女と同様、今年10月に配属になったばかりの、新人の女の子だった

先週一度だけ、彼女と共通の外勤先に営業をかけていた。と言っても、『会えなかったから引き継いで貰えなかった』という顧客に、ぼくが挨拶をつないだだけ

当たり前だが、見るからに『新人』の見た目と動きをする彼女。明日の夜、今後営業するために『いまの外勤先の問題点と方針』を、彼女と打ち合わせる予定をつくった

「来週時間があったら、打ち合わせをお願いします」そう打ったぼくのメールに、『月曜はいかがでしょうか? 泊予定なので、夕方以降調整可能です』と彼女が返事をくれていた

ぼくは夕方別の先にアポがあり、思い切って夜を提案してみた。ご飯でも食べながら、とは言わなかったけど、時間的にはそれが自然。イオンあたりでぱくぱくとご飯を食べて、スタバでPCでも開くか…?

傲慢だったけど、振り回されたけど、決して悪い日々じゃなかった時をくれた彼女のいない、別の彼女とのぎこちない日々が始まる

〈写真はネットから。本文とは関係ありません〉
e0100012_22173196.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2013-11-10 22:30 | Comments(0)