コップの水

コップに一滴づつ水を入れていく
最初のうちは、一杯になるまで一体どのくらいかかるんだろうって思うけど、そのうち絶対溢れる時は来る

殆ど毎日雪が降るようになる前までは、表面張力ぎりぎりで踏ん張ってたけど、朝起きるたびにいつも吹雪く景色を見るうちに、もう限界になっていた

今日(きのう)、理系に会った
明日は朝から、恒例の専門グループ会議だから、『前日泊』で都内に来れた

理系と、2時半過ぎにある駅で待ち合せた 彼女はお昼を食べてなかったから駅わきのファミレスに入って、それから何度か、どちらからも「そろそろ」と言ってトイレに行ってはまた話を始めてしまって・・・
6時間ちかく話した

彼女は、仕事やる気ないんですよ、いいかなぁこれくらいでって思っちゃうんですという以前と変わらない事を言いながら、料理教室にもゴルフ教室にも通いだしてた
彼女は言った『いまの事業所、すごい個人主義です。この前わたし休んだんですよ。そしたらわたしがいない時に業務分担が決められてて、なんか凄い増やされてたんですよ(笑)』

明るい笑顔 前向きだね、というと彼女は『最近みんなにそういわれるんですよ?』と軽く言った

彼女が何度も繰り返した言葉
「でも、○○さんもっと引き籠っちゃってるんじゃないかと思って心配してたんですよ・・・。意外と元気そうだしうまくやってるじゃないですか(笑)。あと半年もしたら慣れますよ。雪国の夏、経験してないんでしょう?」

6時間かけて、理系はコップの水をだいぶ蒸発させてくれた気がした

ぼくがどれだけ苦労してるのかを話しても
どれだけ雪国の事業所が「ありえない」状況になってるのかを話しても
同じように彼女はけらけら笑った

別れ際、じゃあまた、というぼくに彼女は言った 話聞くくらいだったらいつでもいいですよ・・・

理系に感謝 同じ組織に属する一員としてぼくはかなり恥ずかしかった
彼女の生み出す利益を、ぼくがムダに消費してるのが身に染みて分かった

ちょっとだけ、ぼくも「両立」する努力をしてみる

e0100012_132411.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2008-03-14 01:02 | Comments(0)

みんな、辛い

もう5年も前に書かれたある人のblogを見た
5年も前からblogをされてる、ということ自体で尊敬しちゃうけど"自分が一番大事"てことについて書かれていて、何度も読み返した

要約すると、

 《 "自分が一番大事、て言われるとそうだよね、としか言えない。
  それは誰にとっても事実だから。ただ、「自分が一番大事だから、何をしても許される
  というのは、『自分だけが大事、だから自分さえ良ければいい』て言っている事になり、
  それは間違ってる
  "自分が一番大事"て言葉は、"周りの人達も大事でいて、それでも自分が一番大事"で
  あって初めて使える。自分が一番大事、その言葉自体はかまわないが、大切な人達を失
  いたくなければ、周りに目を向けてみる事もたまには必要なのではないかと思う 》

ぼくは今日、朝からの豪雨の中、セスナ機で外勤先へ向かった
セスナなんて初めて乗った 到着してから2つの仕事をなんとかこなして、帰りは船舶ルートになった 天候は相変わらず、ありえないくらい悪い
3時間、あまりに孤独でいろんな人にメールをうった
ぼくの送別会をしてくれたT君、Kさんとかあの時以来、初めてだったけど

みんな、返信をくれた T君は面白かったし、Kさんは異動してたから、自分も慣れてないから大変ですよね、て返事をくれたし、美形はごくごく短い、あえて何にも触れない内容で

笑顔で元気なコは返信なし 理系のコは研修中だったのに、何度も返事をくれ続けた
「私も最近無気力ですが、働いてます。みんなそんなものですよね」
「辞めることは簡単ではないです。新しい場所が今よりいい保証はないんです」
「こちらでは風邪が流行りだしました。体調には気をつけて下さい☆」

みんな、辛いんだ
ぼくは、最近自分が辛いのでもうそれでいっぱいになってて、周りの人がどうなのかなど、全然みる余裕がない
笑顔で元気なコだっていま辛いから、辛がってるぼくにうつ返信なんてないのかも知れない

e0100012_0444431.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2007-12-07 00:45 | Comments(0)

さよならか

【9/8昼 少し修正しました】
かなり眠くなってきたけど、いま書かないと本当が書けそうにないから、こんな時間に

今日は何となく集まって、別れる筈だった...理系のコと笑顔で元気なコが待合せ時間15分前には、お店に座ってた事をあまり不思議に思わなかったけど

23:00の閉店まで店にいて、最後に二人から「プレゼント」を貰った(!)
ぼくは理系のコにmailをうっていた ((送別されるのは嫌なので、いつもみたいにお金は3人で払いたいんだ)) 理系のコはわかりましたと返して来たけど、コレじゃ一緒だろ?
二人でこっそり買いに行ってたんだ 「幸せになれるもの」 ジンクスか とても、嬉しかった

理系のコの事業所は、19人中6人が異動するそうで、どこも悲喜こもごもなのかな
また絶対、この会やろうね、としつこい位に理系のコに言ってたら、"何となく集まりたくなったらですから☆"みたいな返事で、そうだね〜としか言いようが無い(笑)

そして、笑顔のコの部屋は、これが これが本当に最後になった
行くまでにかなりの紆余(うよ)曲折があって
マンションの前で口喧嘩で泣かしてしまって、覚悟を決めて
結果、玄関で26:00過ぎまで
笑顔のコは相変わらず、先週も先々週もカレシの部屋へ泊りに行っていたと言うのに
いま、前とは違うある病気?気のせい?にわたしなってるの?って...
そう、かも知れない... でもきっと違う なぜ?と訊くぼくに彼女は"わかんないですよ"と涙して言ったけど、ぼくのせいなのか そうなんだろうか?


・・・・・寝てしまった書きながら


ぼくは、自分が泣くとは思わなかったし、笑顔のコに頑張ったね、辛かったね、と背中を抱いて貰うなんて思いもしなかった
格好悪い○○さん、見ちゃった、って彼女は言ったけど、ぼくはもうどうでもいいんだそんな事

約束は遠い気がして、ぼくは焦ってばかりいて、信じるのを辞めたくなっていたけど

彼女は最終的には、《わたしを信じて》と言ってくれたんだ、とぼくは思ってる

e0100012_3451272.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2007-09-08 03:45 | Comments(0)

やっかみ、ていうのは辞書だと『(主に関東地方で)うらやみ、ねたみ』のことだけど

今日は理系のコと劇団公演を観に行った
ドラリオン以来だから、3か月ぶりくらいか?...ちょうど1年前の今頃もこのcaramel boxを見たから、時間が経つのは速いなぁ、などと思う

1年前と待ち合せ場所は同じ、公演も何となく"家族が死んで幽霊になる、ヒロインにだけ見える、色々あって家族が消える時=ヒロインが立ち直る"みたいな似た内容で、席も座ってみて思い出すけど、殆ど同じ場所だった(!)
2時間座ってたけど、理系は隣りで時々大きく座り直してた
((起きてた?))て聞いたら、《起きてましたよー、なんか泣いてる人とかいましたけど...私は前の時の方が、感動しました》て返事だったから、よく見てたんだな(笑)(それにしても泣く所とかあったか)

"お茶してきます?私、6時くらいにはちょっと用事が入ってしまって"て言ってたけど、結局6時半前位まで、お茶してた もっと早く時計を見ててあげたら良かった

理系が別の事業所へ異動してから1年3ヶ月
すみません、結局私のグチこぼしにまたなっちゃって・・て、別れ際言ってたけど、理系は自分への周りのやっかみに、かなり疲れているみたいだった
最初は、結婚式貧乏になっちゃって、とか、妹が先に結婚するんですよ、という話だったのが
仕事の話になると、"あまり事業所へは帰らないんですよ。女のコ私以外いないし。なんかやればやっただけ、もっとやれと言われたり、運がいいとは自分でも思う事あるんですけど、凄い一生懸命やって泣いたりした事もあるのに..."

長身の容姿と淡々とした話し方で、理系は向こうの事業所でも"ひょうひょうとしてる、何を言っても平気"と思われてるみたいだったけど、もう、別の事がしたいです、と何度も言っていた

"オトコの嫉妬はみっともない。そんな事は分かってる。でも.....!」ていうのは、今日観て来た公演で何度か、でた台詞
来月半ばの異動の内示を、理系は少しだけ期待してるんです、て言ってたけど
もし理系が異動したら、その時向こうの事業所の人達は、失った者の大きさを知るんだろうね

【写真は理系ではないけど、涼し気な雰囲気だけ】
e0100012_034772.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2007-07-29 00:05 | Comments(0)

あと1か月

個人的なことじゃないけど
演劇集団caremel boxのsummer tourのチケット発売が 今日プレイガイド前を通り過ぎる時気がついて、家でホームページで確認したら、あとちょうど1か月
公演名は、『カレッジ・オブ・ザ・ウィンド』
あらずじ → 大学生のほしみは、家族6人でキャンプに出かけた。それは、年に一度の家族行事。ところが事故が起こって、ほしみだけは助かったが家族は全員亡くなる。だが、ほしみにしか見えない幽霊となった家族はほしみを見守ることで一つになる。でもいつかは別れなければならない。ほしみが家族と過ごす、最後の夏……。

なんか去年の夏、理系と観に行った雨と夢のあとにに似てるな...
って、雨と夢のあとにもcaramel boxだったんだ!!

去年の夏、理系と池袋で待ち合せた覚えがあるから、場所まで一緒だたぶん
あの時理系はワンピースでヒールを履いてたから、待ち合わせ場所で(偶然)すらりと背が高くて、ちょっと目立って何だかドキドキした覚えがある

理系のコはいつも言う 
「中の上くらいでいいんですよ、私。誰かが大変なら、誰かが手伝えばいいんです。持ちつ、持たれつじゃないですかーって私思うんです。・・・でも、そう言うと"女は気楽でいいよなーって、言われるんですよ。なんでみんなあんなにガツガツするんでしょうね?」
こう言ってくれる、甘いと言われるだろうけど、みなが良ければ良いんですという理系がぼくは好きなんだ
そういえばこの間ドラリオンに行った時、「舞台って最近行ったか?」「えと...、ライオンキングぐらいです」
「それはmusicalじゃないか?」「演劇とmusicalの違いが分からないんですよ...」「なんでだよ!(笑)」て謎の会話した
同じ様な公演だったらちょっとアレかな

でも、『カレッジ...』は7年ぶりの再々公演だっていうし、「てるてるあした」に出てた高部さんも出る事だし(だれだ?)
と、理系と行くつもりに一人でなっているぼくはなんだろう(勝手に)

e0100012_2229469.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2007-04-21 22:30 | Comments(0)

さて、昨日はドラリオンに行ってきた カナダ・モントリオールに本拠地を置く演技集団、シルク・ドゥ・ソレイユが演じる「スーパーアクロバット新体操」
2時間半のストーリーで、チケットをとったのは4ヶ月前(!)、前から8列目のかなり近くで、理系のコは地味ながら「感動しました、ホント感動しました」と喜んでくれた (ぼくも感動)
なにがって、「演技」のアクロバットで四方からダッシュで直径1mもない輪をクロスして"とびこみくぐり"した時、一人が僅かに接触、輪が吹っ飛んでしまった時
手早く輪が直され、もう一度、全く同じ演技が繰り返された!
...若い男子の集団で、輪を直し終わった時、手早く"今度は大丈夫(親指を立ててOK)!"のサインが送られて、みなどきどきしたのと同時に、できるまでストーリーを進めないプロの厳しさを見た気がしたから

理系のコとは本当にたまにしか会えないけど、ペースが本当に同じだから、過ごしやすい
例えば『わたし、ちょっとお手洗い行ってきます』と言われる時
終わってから昼?おやつ?に『はなまるうどんでいいかなぁ』『あっ、食べたいです入った事ないんです』と言われる時
『お茶でもして帰ろうか』『わたしもそうしたいと思って』と言われて何時間でも話し続けてしまう時

"友達"と簡単に言うけれど、それは人によってきっと定義が違うもの
ぼくは、何かがないと(誰かが結婚したとか亡くなったとか)会わないのは、もうただの『知り合い』で、"友達"じゃないと考える
友達はたとえ何にもなくっても、用を作って会うのが友達

それにしても...
さっき会社の地下駐車場で笑顔で元気なコと喧嘩して、久しぶりにぼろ泣きされて
しかもそこへ彼女のグループのleaderが通りがかって なんかもうどうにでもなれって感じだなぁ今! (ドラリオンと関係ありません)

【写真はただの新体操】
e0100012_03830.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2007-04-10 00:03 | Comments(0)

なんとなく、集まる

偶然、昨日(おととい)の「そこはかとない」と似てしまったけれど、前から予定してた今日のメンバーの「飲み会」は、『なんとなく集まる会』という名前だった

『なんとなく集まる会』は特に目的もないけど、笑顔で元気なコが尊敬してやまない(?)ある先輩を、異動先から引っ張りだして飲み会にこさせるのが主旨 メンバーは彼女と、先輩と、ぼく

3ヶ月?...4ヶ月ぶりくらいかも知れない、集まったのは 笑顔のコの先輩は以前ぼくらの事業所にいた時と比べて随分大人びた...と、今日言ったら「前もそう言われたんですけど,,,?』って、ぼくの記憶はいったいどうなっているんだろう?

3時間半、話が尽きる事はなかったけど、昨晩美形とぼくの間に起きた突然の衝突で、ぼくはすぐに美形の話題にしてしまっていたらしく、「ほらまた、美形さんの話をしていますよ〜」と何度も冷やかされた(しらけ半分)
梅酒の種類を随分置いている店だったけど、梅酒ってお酒という感じが全くありませんよね
飲み会で『梅酒...』なんて頼んだら、何もうジュース飲んでんだっ!て怒られそうな

書きたい事はいっぱいあるけど、眠たいので、いつかまた今日のことは書こうと思う
e0100012_2395234.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2007-04-05 02:40 | Comments(0)

最近、取り憑かれたように(強迫的かも)「小説」なんて読んでるものだから、半年まえに今の事務所から異動してしまった女のコ(25・理系)の事を思い出した

元気ですか?とメールを打ってみて、そして.....来月会える予定がたった。早くも、一日千秋の想い

彼女とは以前よく、事務所で夜遅くまで能率ダウンした空気にピリオドも打てないまま、黙々と仕事を続け、ぽつぽつと雑談を交わした
雑談、というか「今自分はどういう内容の本を読んでいるか」を相手に説明するのが楽しかった...
これは、本を読む人同士でなくては、成り立たない会話 (嬉)
そして同時にこれは『自分のセンスを明かす』『どれだけ下らなくても恥ずかしくても言う』ことに繋がって、何か事務所で2人だけ、誰も知らない秘密を共有しているようなどきどき感があった (理系の彼女は読む本が独特だったし)

前回会ったのは8月のお盆くらい
あの時確か彼女は、異動先の職場の人間関係と、「色気を感じない」と言われる事の2つについて僕に語ってくれた気が (久々で本のことを話すの忘れ)
彼女に憧れる(?)女のコが今回も参加されるけど、このコは、ハリポタくらいしか読まないのが、残念だなぁ

e0100012_1214731.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2006-10-19 01:22 | Comments(0)