結末は始まったばかり

土曜日の昨日、Tさんと待ち合わせた。12:30に市役所最上階の展望室、ちょっと変ですけど?とうったメールにTさんは、わかりました!と明るい返信を送ってきた

『歩くのはちょっと遠いかな、て思ったから自転車借りてきたんですよ…』えへへ、と笑いながら言う彼女は、私服を来たら本当にまだ大学生だろというくらい若かった(23になったばかりだから当たり前のことだけど)

関係会社の彼女がいなくなってから、向かうこともなくなった「パンケーキが有名みたい」な例の喫茶店に2時半くらいにお昼ご飯もしあれだったら?と雪崩こんで、4時半前くらいまで話した
「外勤先、全部はできないなぁと思ってます」
「今度エリアで前任の××さん(=つまり関係会社の彼女のこと)とすごい仲良かったという人から、どうして××さんがあんなにエリアでモテてたのか?強かったのか?俺は知ってるから教えてあげるって、言われてて。2月に入ったら飲みに行くんです」
「4年間一人暮らしだったし自炊とかできますよ。カレシはいます」

関係会社の彼女にTさんのことでメールをしたら
ケンカになった メールでしただけだけど、イライラと彼女が文字を打ち込んでる雰囲気が伝わってきた。文面はいつも通りとても短く。短すぎるだろと言えるくらい

夜中にかかってくる電話の話しは、大半が『毎日もの凄い忙しい』『でも成長できるから楽しい』

そうきみがいうのはぼくもすごく嬉しい 前の会社で、どれだけきみが泣いて怒って、実力が違いすぎる先輩たちからねたみ嫌がらせを受けたのか知ってるから

でも、それをTさんにも味あわせることはないだろう? きみの後任席は、羨望と一緒に最悪の環境がもれなく附いてくるんだから

そんなこと言ったら彼女はもっと怒るだろうから、言えないけど

e0100012_02477.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2014-02-03 00:00 | Comments(0)