本を読む生活

『東北関東大震災』から一週間と1日経った(チャンネルによって地震の呼び名が違う)
テレビの番組構成が結構「ふつう」に戻りつつある
ただ、画面の左脇と下の部分にテロップみたいに字は出てるけど

見たい番組もあまりないので(たとえば今日ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパーがやってるけど、実はONE PIECE自体ちゃんとマンガを読んだことないから)、テレビは点いてるけど、また本を読んでいる
色々な意味で、現実逃避かも知れないに違いない

『・・・「三宅さんって、前に話してたサークルの人?」
    『そうそう。睫毛が濃くて目がくっきりしてて、フランス人みたいな顔してるんですよ。ただ、ちょっとワガママっていうか、性格に問題があるんですけど』
    「でも大和君は彼女と仲良くしてるんだね」   
    『仲が良いっていうか相談役っていうか。俺、頼られてるみたいなんですよね』
    「……そう」
    『相談ふりしてるふりして、じつは俺のことを好きとか、そういうオチがあればいいんですけど』
    あれば、いいのか。それはそうだろう。なんと言ってもフランス人だ。
    『あ、そういえば鯨さんは、好きな人とかいないんですか?』
    思わずポテトチップを噛まずに飲み込んでしまった。茨(いばら)のような感触が喉を通過していく。
  ・・・・・(真綿荘の住人たち 島本理生著)』

テレビをニュースに変えてみると、都内のガソリンや食べ物が買い占めですっからかんになってるという話題をやっていた。
被災地から遠い、日本で一番モノが多いハズのこの都内が、一番の品薄欠品だなんて

都内に住む人々が、実は日本で一番、自分さえ良ければいいというエゴに満ちていたという事実が図らずも露呈した

でもわかってたことだ。 だって、地方の人のほうが全然親切だし正直だと、身をもって経験してる

e0100012_23123413.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2011-03-19 23:30 | Comments(0)

『・・・・・11日午後2時46分、三陸沖を震源とするマグニチュード(M)7.9(のちに8.8に訂正)の地震が起き、宮城県北部で震度7を観測した(のちに東北地方太平洋沖地震と命名された)。
同3時15分にもM7.4の余震があり、茨城県南部などで震度6弱を観測。気象庁は北海道から関東地方までの太平洋岸に大津波警報を発令。仙台新港に高さ10メートルの津波が到来したほか、同3時50分に福島県相馬市で同7.3メートル、同21分には岩手県釜石市で同4.1メートルの津波を確認した。
経済産業省原子力安全・保安院は、東北電力女川原発は運転を自動停止。東京電力福島第一、第二原発も運転を自動停止したと発表した(のちに福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)1号機は原子炉内が過熱、12日午後3時36分頃、建屋付近でドーンという大きな爆発音とともに白煙が上がり、原子炉建屋が骨組みを残して吹き飛んだ。同日夜、記者会見した枝野官房長官は「格納容器と建屋の間にたまった水素による爆発で原子炉建屋の壁が崩壊した」と語った。残存した格納容器には損傷はないが、原子炉内の燃料集合体の一部が高熱で溶ける炉心溶融が進み、過酷事故に発展する恐れがあるため、東電は、炉内に核分裂を抑えるホウ酸と海水の注入を始めた。専門家は「廃炉覚悟の最終手段」と分析した)。
東京消防庁によると、千代田区の九段会館では天井が落下、25人の負傷者が出ているほか、東京・お台場や池袋など10カ所で火災が起きた。
JR東日本は新幹線と首都圏の在来線全線で、東京メトロも全線で地震以後終日運転を見合わせ、都内や横浜に大量の帰宅難民が発生した・・・・・』

地震発生直後でも、
・ docomoは通話は「繋がりにくい」けど時々繋がる状態で、メールは15〜60分遅れでちゃんと届いた

・ softbank通話は繋がらず、メールは30〜60分遅れでちゃんと着いた

・ auは地震発生後気がついたら圏外』表示となっていて通話もメールもできず。翌12日朝ようやくアンテナは3本立つ表示になったが、実際は通話は「回線が混み合っている」というアナウンス、メールは「接続エラー」で全く使えず。夜になって『mailが来た』というお知らせメールは来たがセンター問合わせ操作をすると「接続エラー」となって本文は取得できず、通話もできないまま。
翌々13日昼まえ、固定電話には通話ができるようになったけど携帯には繋がらず、mailも新たなお知らせメールは来るけれど、「接続エラー」のまま誰から何のメールなのかわからず・・・

ちなみにぼくのいる場所は、災害なんて全くなかった震度3の場所。
au、最悪

【写真は12日朝宮城県気仙沼市内】
e0100012_11485046.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2011-03-13 11:55 | Comments(0)

深夜、この時間

ただいま、タダイマ 先ほど、帰りました

深夜帰宅はずっと前から慣れている、はずだと自分では思っている

けど、今日は一日「なか休み」があったとは言えヘビーな感じのが続いたから、いま気持ち悪くて寝られない

ぼくはアルコールが入ると食べ物を食べたくなくなる体質らしく、どんなに美味しそうな食事を出してもらっても箸が全く動かなくなるらしい
『さあ、どうぞどうぞ』 食べ物よりアルコールを好んでいると勘違いされて、さらに箸が進まなくなる…という悪循環

2次会まで行ったのに、いまもの凄くお腹が空いている

ちなみに1次会は「こちら自家製のからすみです」というモノが出てくるようなお鮨の店だった。向こうは頑張ってくれたのかも知れないが、残念ながらぼくはあまりお鮨が好きじゃない
理由は、小学生の頃母親が仕事大好き人間で、『開けて、置くだけ』で晩ご飯のおかずになるお刺身がそれこそ毎日か・・・?ていうくらい頻回に登場して、もう一生分食べたような気がするくらい、飽きてるからなのかも知れない

気持ち悪いけど、お腹は空いた

こんな時間に帰ってきたり起きてると、色々なことを想い出す
楽しかったこと、辛かったけど楽しかったこと ・・・・・ 本当に、本当にいろいろなことだ


ぼくはなんとかやっています。  今も、元気でいますか?

e0100012_2315866.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2011-03-10 02:35 | Comments(0)

なぜお前がそこにいる?

「・・・お久しぶりです。お元気でいらっしゃいますか?」実際、ぼくはかなりしどろもどろだったと思う
その人は過去、上司だったことがある人。

空気は固くなり、急に時間がゆっくり流れ出したように感じた。『入院のことは考慮するとしても、お前はそんな奴やったか?』 その人の言葉に、事業所の責任者は黙って下を向き、ぼくは返事もできずに静けさで耳が痛くなりそうだった

その人は昔と変わらない、一見薄笑いを浮かべたような柔和そうな顔だったけど、目はやっぱり全く笑っていなかった
『一週間。おれも引継とか忙しいから、お前のことでそんなに時間使ってられないんや。だから、一週間、よう考えとき』


雪国事業所は、来月様変わりするらしかった(責任者は留任だった)
・・・・そして
ぼくの席(物理的にはないけど)は以前となにも変わらずに、そこにあるらしかった

やっぱり、動き出した

e0100012_23471592.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2011-03-08 00:00 | Comments(0)