ぼくが僕であるために

都内はとてもいい天気で暑いくらい、てか暑いけど
これから雪国へ行く事を考えると、気力が萎えるのを実感する

いつも必要最低限、最短時間にするけど、今日はきっと雪国に泊りだろう

昨日は支店で専門員の会議があって、スーツを着て出かけた
久しぶりの支店 新しい携帯電話を支給される ぼくのぶんもあるんだ
長野県の担当者が声をかけてきた
「雪国は、涼しいですか?」『・・・(ぼくはジト目で彼を見る)どうでしょう?』

彼はぼくが雪国にいないのを、知ってて訊いてるのか
そもそも、この専門員達のどれだけが知ってるんだろう

直接の関係者の方々は、数少ない専門員が「いるだけ」でもマシと思ってるのか、見て見ぬフリ

ぼくは手の上でぐるぐるとペンを廻しながら、頭の中も同じようにぐるぐる回してた

「わたし、できないんですよ・・・」 あ、話題がかわった


e0100012_937291.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2009-06-26 09:40 | Comments(0)

晴れ、ときどき曇り。

いくらHL答練だからって、みんなが完全にできる訳じゃない

徴収法の解答解説の時間、先生がおっしゃった言葉

「あの時勉強できたじゃないか、という後悔だけはしないように。今はいっぱい間違えて、本試験では、絶対に間違えないようにすればいいんです」

思わず頷(うなず)いちゃったけど ちょっと間違え過ぎだ自分(汗)

…『法改正講座、終りました?』
顔だけしってる人に、短い休憩時間、話しかけられる
「いえ、まだです…」 いつやろう?

Yからのメールに、がんばっているようでエラい(笑)、てかいてあったけど

がんばります がんばります がんばります 体がついてこない

e0100012_234387.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2009-06-14 23:07 | Comments(0)

早く過ぎればいいと思う時間はなかなか過ぎず

いつまでも続いて欲しいと思う時間は、すぐに終りをむかえる
少なくとも、そう感じてしまうことが多い

地下鉄に乗ると、ふとあの街に行きたくなる

狭い部屋だったけど、昔楽しかった思い出がある、あの街

あの猫はいまでも鳴いているんだろうか

あの犬の前には、いまでも何人も、優しく何かを話しかけていたり手を振ったりしているのだろうか みんなあのシェットランドをこっそり「おりこうさん」したかったんだ(自分も)

夕方から、雪国へ行く

新幹線で日帰りだし、もう6月だからあの寂れた町に雪はないけれど
はるか遠くの山に去年まだ雪が残っているのを見た事を、ぼくは憶えてる

あの寂れた町がいまぼくの所属らしい

みんな、元気でいますか?

e0100012_10381596.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2009-06-05 10:30 | Comments(0)