晴れた日、静かな場所

休みに入った

今さっき、会社のノートPCでおそろしく簡単な業務報告を携帯接続して、送った
もう間もなく、その携帯も切るつもり

都内に戻って、5日め

5日前、笑顔で元気なコに会えた もの凄く幸せそうだったし、そう言ってた
髪も切っちゃってたけど、ぼくが半年前事業所にいた頃に比べれば、長かった

4日前は終日会議で、

3日前は大学時代の親友、「くされ縁」5人に四谷三丁目で励まされた (飲んだ)
『女性のお客様だけに、お土産です』 店はそんなことをいったけど、まおは僕のぶんも貰ってきた 「1人、さっき女性帰っちゃったんです」 まお偉い!(ここに書いとく)

昨日は、地元でだらだら勉強のようなそうじゃないような メールで打合せの時間が異様に長い

笑顔で元気なコは、カレシとフランスへ行った

ぼくは来月5日に、雪国へ戻る予定 カバン二つのままどこかへ行きたい気も、ちょっとする

連休中は、あまり更新ができないかも知れません

【もうコンコルドは飛んでませんが】
e0100012_11282941.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2008-04-28 11:28 | Comments(0)

彼女のまわりの出来事

「もしもしー?」…そう言って電話をくれた彼女は、外勤先に早く着きすぎちゃったんですと言いながら、前日夜の「講演会」での出来事を話してくれた
ぼくの1日遅れのメールへの返事、て感じだったんだろう

もう昨日(正確には、おととい)のことだ
この雪国も全国的な好天のお陰で、2日続きの晴れ
ぼくは笑顔で元気なコに、海沿いから小さな写真つきのメールをうっていた 『sub:なんだか 本文:ダイブしたくなる道が続く。元気でやってますか?ぼくは都内で、みんなに喋るのが遅くなった、ぼけちゃったんじゃないかて言われたよ』

返事が、返って来た
「sub:Re:なんだか 本文:お疲れ様です。すごくきれいな道。ゆっくり話すのはいい事ですよー。私は髪を切りました。肩につかない長さまで』

やっぱり…『髪を切りました、か…………。滅多に見られるものではなかったのだろう、長い髪のきみ。残念に思ってる人が沢山いるはずだ』ぼくは返した
そして、返事
『私は私で、髪を15cmも切るなんて滅多にできない経験しました。でも誰も理由を聞きません。怖くて聞けないんでしょうね。Tリーダーにはお姉さんになった、て言って貰いました』

それから何通かメールが行き来したけど、誰も理由を聞かないのは、カレシがどうこうと涼しくきみが返事しそうだからだろ?とぼくがうったり、彼女の返事がまたデレデレだったり
ぼくはもう、そののろけを見たくなかった 「○○さんの予想どおりです♪」

そして1日ぶりにぼくはメールを返した 『ぼくの予想じゃない。そこにいる人はみなそう思ってるはずだよ?』

楽しげに話す彼女 「講演会」では美形が相変わらずの大人気で、80歳近い年配男性まで、美形に言いよってたと憎々しげに話す彼女

羨ましかった そんなに、いろんなコトがあること自体が

明日から、また都内へいく 笑顔で元気なコと、会えるだろうか
『もう、顔を忘れて来ちゃったよ…100年は会ってないだろ?』ぼくがそう言うと、彼女は電話の向こうでこう言った
「わたしの顔、もう忘れちゃったんだ、そんなにすぐ忘れられちゃうんですね…?」

e0100012_293741.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2008-04-24 02:10 | Comments(0)

もう、消去されたブログ

Excite エキサイト : 芸能ニュース

『人手が足りないで最近いろんな事を片づけられます。。ひどいですよね疲れました。そんな扱いに…ブログだけじゃなくいろんな事 頑張っても意味ない時ってあるんですね』 そう書かれていたハズのblogは、もう事務的な閉鎖のお知らせがあるだけになってますね

まったく
時々、いや、毎朝起きるたびに 何もかもが嫌になる
今日も「誠意」とは「気合だ」と思ってるバカ上司は、訳の分らないことを言ってた

生きていくのは、本当に疲れる
[PR]
by blanche-bateau | 2008-04-22 20:20 | Comments(0)

「上級職」 美形の名刺には、そう新しい行が加わっていた
本社+専門グループ主催の講演会が全てお開きになり、最後まであれだけ残っていたメンバーを全て振り切り?、美形と一緒のタクシーにぼくが乗れたのは、きっと奇蹟と言ってもいい

美形のメールの返事は結局、なかった
講演会が始まる前、僕等専門グループはの入口で「お客様のお出迎え」をいつもする
そこで会えるのではと思ってた 「(変わらないね)」「(慣れた?)」時々ぼくにも知り合いが声をかけてくれる

そして美形の周囲はもうカオスだった ベージュのスーツに長い茶髪、美形はただでさえ黒の多い男の社員の中でかなり目立ち、顔立ちと名前も有名なものだから、次から次へと話しかける社内の人間に、こんにちはと笑顔を返すので大忙しに見えた
お客様に目を向ける暇がよく作れている、といつも通りぼくは感心した

美形の隣りへ「はっけーん」とふらふら寄って行ったぼくは一瞬の(お疲れ様です)という小さな声を聞いたきり、接点を失った 美形は大忙し

会場から貰って来た花束を抱えて、嬉しそうによたよた歩いてた美形は、ご機嫌
タクシーのなかで他愛もない話をして
上級職の記念の楯の、写真を送ってくれよと無理をぼくは言い
美形はリラックマのマグカップが欲しくて、きっとコンビニのパンとかについてるシールを集めてて、その台紙を大事そうに取り出して、見せてくれた

このコが100人を大きく超える専門グループの中で、おそらくは一番有名で優秀
会場の前で、取締役までが"おっ!××さん♪(美形の名前)"と声を掛ける地位にいるコだなんて

「連休中は、勉強しますよ」 ぼくも、そうするよ

e0100012_21343100.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2008-04-21 21:05 | Comments(0)

不 通

都内のビジネスホテルからLUN接続しています

明日(日曜)は朝から、都内のホテルで「研究会」 本社・専門グループ主導で全国からの500人規模にもなるはずで

美形とこの前、電話で話した 「きみの「上級専門職」の名刺、会社が作ってくれたろう?送ってくれないか…?」『あまり使わないかとも思ったんですが、でも一箱だけ作ったんですよ…今度、会うじゃないですか?その時、差し上げますよ』

本社が上級試験に受かって、上級職になった者だけにくれる楯、も見せて欲しかったし

「飲んでますか?こんばんは。明日、きみは何時に来るんだ?」 メールをうってみた

返事は、やっぱりない 関西出身の美形はよく言ってたっけ 「結構増えてきたんですよ、こっちに転勤してきたって大学の時の先輩とか、後輩が。まあ先輩のほうが多いんですけどね?わたしがまだチビッコですから」

飲んでいるんだろう 誰かと

明日、数百人の中から、美形を見つけられるかな

e0100012_010013.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2008-04-20 00:10 | Comments(0)

自 習 時 間

どんよりと厚い雲が垂れ込めていたから、今朝は一度起きたけどまた、寝た
自由裁量労働制かな、と別に誰に断る必要もないのに、自分に言い訳をする

外勤先で説明会を行った時に残った大量のミスタードーナツを一袋開けて食べ、それでも会社のPCを開いて午前中の少しの時間、携帯接続して業務を片付けた

13:00、図書館へ歩いて行き、個人学習室で3時間問題集をやってみる
平日の昼間、どう見ても資格取得の勉強っぽい人がやっぱりちらほらいる
みんな、いつなにを受けるんだろうな…とちょっと気になる
そしてこういう時に限って、事業所から「確認して頂きたい事があるのでちょっとでいいので今日中に出社して下さい」という用件が入る

一度部屋へ戻って私服をスーツに着替え、タクシーで事業所へ 30分で終り、またタクシーで駅前に戻ってきて 何となくスクールの自習室へ行ってみる
18:30過ぎから20:30前までぼんやりしてみた
相変わらず、別の資格試験の人たちの、張り詰めたムードが漂ってた

「自習時間」それはつい突っ伏して寝てしまう時間、と同義とも言える(苦笑)

e0100012_0163040.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2008-04-18 00:12 | Comments(0)

どうしたい?(2)

「会社に行っても誰とも話さない。部屋に帰っても誰とも話さない。そんな生活してるもんだからさ」 きかれてもいないのに、つい口を出てしまったぼくの言葉に、美形は電話の向うで困っただろう

あるいは何とも思わなかったかも知れない 『自分から、そうしちゃったんでしょう…?本当にもう…』 そんな風に言われた気がする

もう昨日の朝のこと 美形が電話をくれた
一昨日の夜、専門領域の事でどうしても情報が欲しくて、でも美形は多忙を極めてたみたいで結局情報は手に入らなかったことを、気にしてくれていた

案件は散々な形で、処理された…というより、ぼくと専門外の人達が処理した、とぼくは答えた 「もう済んだ。酷いものだよ。でも、ありがとう」自嘲というより、もはや大恥だ

美形は電話の向うで、昨日の飲み会のこと、今日(昨日)の朝から上司と面接だったから二次会は断って、その資料を夜中まで作ってたこととかを話してくれた

正確に精確に動き続ける、かつて自分がいた場所の専門グループ 寂しさを感じる

スクールは最近混んでいる 夜9:30の最終時間まで結構な人がブースにいる
試験日程をみると、別の資格講座の試験が来月半ば過ぎにいよいよあるからだろうか

こんな生活を続けていると、感情というものがどんどん欠落していくのが分る
当然だ 必要のない機能は劣化する
笑顔で元気なコに時々言われたことを想い出す 「○○さん、無表情だとスゴく怖い顔してることありますよ…」

ぼくは笑わなくなって、ますます話しかけて来る人もいない 業務上最低限だ
そんな中で唯一と言ってもいい感情だけが、いつもある
勉強しないといけない 気持ちばかり、焦る

e0100012_0156.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2008-04-17 00:10 | Comments(0)

捨てる勇気

沈黙を誰かがぶち破るのを、誰もがきっと当てもなく待っていただろう
でも、この事業所では誰も口を開かなかった

今朝(昨日)の会議は、酷いものだった
どうでもいい事を相変わらず大声で喚く(わめく)上司 さっぱり意味は分らない
皆、聞いてるふりして、聞いてない 

日曜日、ぼくは朝からスクールへ行って、《基礎講座》の最終講義を聞いてた
先生もテキストが終らず「えー…済みません、あと一時間はかかると思います…」と言い訳をする、3時間を超える長大な講義だった(予定は2時間))

その進行量は半端なものではなく、ぼくはこれで基礎編が全て終ってしまった(殆どアタマに入ってない)という事に正直焦り、今朝も《仕事どころではない…》と思いながら、なんとか朝から出社した所だった

会議から派生した別の議題には、専門グループの関与するモノもあった
【本部発】・・上司には内容は当然のように理解できなかったらしく、丸投げされたぼくにも殆どその意味は分らなかった

最近はメールをしても半分は返信が来なくなった美形にメールを何度かして、分った事
今日、美形は会議をしている
その【本部発】は都内ではとっくに処理されていて、美形はもう重要視してない
今日美形は違うグループと飲み会である

捨てる所は、捨てる勇気を持って欲しいんですよ。全部なんて、絶対無理ですからね…』 これは先生の言ってた事 勉強のことだと解ってはいるけど

時間は、限られている
どうしたら、いいんだろう ぼくは何故いまさら迷ってるんだ

e0100012_049047.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2008-04-15 00:58 | Comments(0)

行方(所在)不明?

そう思われているかも知れないな、なんて思うこの時間
携帯電話でイントラメールをチェックしても既読にはならないから、会社がチェックすると『未読33件』て表示されるハズ

昨日は、またセスナで外勤先へ行った 1ヶ月半ぶりだったから4月の異動で外勤先の人も替わってて、思いのほか時間がかかって、帰りは高速船の時間ぴったりだった

今日事業所へ行かなければ、丸3日誰とも会ってないからそろそろ「(行方不明か…?)」という雰囲気が漂うかも いや、そんな事誰も思わないか、そもそも誰も専門グループの仕事内容を知らないんだから

昨日は寂しかったけど、ちょっと嬉しい事があった
このまま訳の分らない電話などがなければ、少しは気分よく週末が迎えられそうなんだけど

e0100012_11102667.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2008-04-11 11:18 | Comments(0)

知っても仕方のない事

体調が悪くて、昨日はもう0:00前には寝ていた
今日は少し良くなったような、そうでもないような…

めずらしく月曜朝に出社したぼくは、社内イントラから専門グループの業務のことで、美形とメールをやりとりしたついでに、笑顔で元気なコにメールをうってみた
『おはよう。今日はでてます。どうしてる?』
意味のないメールだったけど、返事はこなかった
何となく寂しくて、夜外勤先で待機している途中に、もう一度笑顔で元気なコにメールをうってみた 『まだ、仕事中ですか?』
返事はなかった

そして今日、笑顔で元気なコは昼過ぎ、電話をくれた
「もしもしー…昨日、歓迎会でみんなで食事して、バーチャルゴルフして帰ってきたの夜中だったんですー。それがスゴいわたしゴルフ上手くってー…」

彼女は今、都内は大雨である事、昨晩の事、自分の事を次々と話してくれたけど、ぼくに分ったのは彼女のグループのメンバーが数人替わった事、そこで彼女は今、まぎれもなく中心にいるという事だった

彼女はまだ髪を切ってないけど、もうすぐ、本当にもうすぐ切っちゃいます、と言った
ぼくは彼女と話すたび、髪の長くなった彼女を見てみたいからまだ切るな、と言い続けてた
何度、都内へ行っても その度に何度、彼女に連絡しても「都合」は合わなかった
「○○さん、今度こっちはいつ来るんですかー?」
きっと今度も都合は合わない
そう彼女も思ったんだろう 『写真、送りますよー』
今日送らない理由を、彼女は濃い色のスーツを着てるから髪がハッキリしないからだ、と言った

実際のところ、ぼくはもうまるっきり別の事業所で彼女との接点は、ない
元の事業所がどうなってるのか、彼女がどんな毎日を送ってるのか知っても仕方のない事だというのはよく分ってる

それでも、なぜか知りたい
きっとかなりウザいと分っているんだけど

e0100012_2252185.jpg
[PR]
by blanche-bateau | 2008-04-09 02:25 | Comments(0)